2016年4月16日土曜日

お水を節約する方法

今日は大学で石をひっくり返したらこんなものがいました

わお!こりゃでかいおいしそうですがかっこいいのでしばらく飼育してみます

ところできょうはお水を節約するシステムに手をつけてみました
以前から水を節約する発想はいくつかあったのですが,今日はそのうちの一つ,一番簡単なものを作り始めました
その装置は大体こんな感じ
地中は温度が変わりにくく,地上が暖かいとき地中は涼しいことが多いです
よって,地上と地中では温度差があります
使用済みの水(米のとぎ汁など)は暖かい地上で加熱され,蒸気圧の高い物質は気化します
気化した水などの物質はチューブを通って地中のボトルへ拡散します
先に述べた通り地中は温度が低いので地中のボトルでの飽和蒸気圧は地上での飽和蒸気圧より低くなります
結果,蒸気の状態を保てなくなった分の水などが回収できるというわけです

この装置のメリットとしては,生活排水以外でも,有害な重金属イオンなどが混じった水も浄化できることです
最大のデメリットは回収できる水の量が少ないことでしょう
その他のデメリットとして,水より揮発しやすい物質が混じってしまうことが考えられますが,水より揮発しやすいのなら外にしばらく放置しておけばよいでしょう
煮沸する用途であればまったく問題にはなりません

そんなわけでこういうものを試しに作ってみようと思い,穴を掘りました
チューブがなかったので今日はここまでところで,地中の温度が低いのであれば冷蔵庫になりそうですよね


今日もまた山を登りました
そこで,以前小川で聞いた謎の鳴き声を,別の小川でも聞きました
しかも上へ進んでいくと小川の中に足を踏み入れて調べられそうでした
いろんな方向からグゥグゥといった感じの鳴き声が聞こえてきますそんなわけで足を踏み入れてみたのですが,鳴き声は非常にうるさく聞こえるも姿が見えない・・・そしてあたりを見回してみると,土に無数の巣穴があり,そこから鳴き声が聞こえているのがわかりました
その穴の下にはこんなものも

かえるのたまごだ!しかし肝心の親が見当たりません
巣穴は結構深く,棒でつついてもカエルは出てきてくれませんでした
どうしようかと考えていると,足場が崩れて石の下にあった巣穴からカエルが出てきました
アカガエルですやったね
鳴き声が大きかったのでもっと大きいカエル化と思ったのですが,鳴き声の主はこいつでした



おまけ
オサムシvs海苔巻氏











0 件のコメント:

コメントを投稿